博士後期課程

 都市経営研究科博士後期課程は、第1期生が、今年度から試験、2020年4月入学となります。

 博士後期課程の受験をお考えの方は、以下の(1)(2)の2点にご注意ください。

(1)博士後期課程の詳細は、11月2日・13日・20日の入試説明会で詳しく説明します。受験希望の方は、入試説明会に必ず出席してください。

(2)博士後期課程受験者は、研究指導を希望する教員に、受験前(12月中旬まで)に必ず相談にいくことが義務づけられています。研究指導担当教員19名は、研究科パンフレット(トップページよりダウンロード可能)に記載されています。必ずご確認ください。

都市経営研究科博士後期課程(仮称)開設と創造都市研究科(博士(後期)課程)学生募集停止について

 大阪市立大学大学院 都市経営研究科博士後期課程(仮称)が2020年4月に開設予定(文部科学省設置届出済み)です。これに伴い、2020年度以降の創造都市研究科(博士(後期)課程)の学生募集は停止いたします。
 また、都市経営研究科は、すでに開設済みの都市経営研究科修士課程と一体として博士前期・後期課程に課程変更となる予定です。
 今後の募集スケジュールは下記の通りとなります。具体的な募集内容は、配付予定の各学生募集要項でご確認ください。

※設置届出済み。下記の内容は予定であり、変更する場合があります。

【都市経営研究科博士後期課程(仮称)募集スケジュール】2020年度入学生向け

学生募集要項(入学願書等を含む)配布開始2019年11月
入試説明会及びコース別シンポジウム2019年10月
~12月
出願期間【1月10日消印有効】2020.01.06(月)〜2020.01.10(金)
選抜試験2020.02.22(土)
合格者発表【大阪市立大学 梅田サテライト】2020.03.06(金)17:00〜2020.03.12(木)17:00

都市経営研究科の設立趣旨

イノベーションとサスティナビリティを2つのキーコンセプトとした 都市の再生と創造をめざす新たな研究教育拠点へのニーズが高まってきている。そこで、都市経営の基礎となる都市・地域の政策/地域経済分析や、都市経営のための地方自治体の行政改革・ガバナンス、都市を活性化する中小ベンチャーの企業経営革新、医療・福祉の経営革新等の都市経営の諸課題について、都市政策・地域経済、都市行政、都市ビジネス、医療・福祉イノベーション経営などの履修コースを設け、都市を支える行政・NPO、プランナー、ビジネス、医療・福祉などの市民公益活動等の主要なセクターに属する人々が、自らの現場で抱えている都市経営の諸課題を、経済・経営・政策・法/行政、地域研究などの視点から、都市のイノベーションとサスティナビリティをふまえて解決できるように、これまで主として社会人を対象としてきた創造都市研究科を基盤としつつ、都市経営に関する分野を主な研究教育対象とする新研究科として都市経営研究科を設立する。

都市経営研究科博士後期課程の設立趣旨

博士後期課程では、行政・NPO、プランナー、ビジネス、医療・福祉などの市民公益活動等の主要なセクターに属する人々が、自らの抱える都市の諸問題を解決するとともに、新しい知見を開拓し、更にそれを体系化・学術化・深化させるような、高度な企画立案能力と研究能力を涵養し、創造的で高い倫理的識見を備えた実務的研究者を養成する。

これまでの経緯

  1. 2018(平成30)年6月、大阪市立大学教育研究評議会にて、2020(令和2)年度より都市経営研究科に博士課程を設置(博士前期・後期への課程変更)することが承認される。
  2. 2018(平成30)年12月、2020(令和2)年度より都市経営研究科に博士課程を設置(博士前期・後期への課程変更)する文部科学省への事前相談が可となる。
  3. 2019(平成31)年4月、2020(令和2)年4月の都市経営研究科博士後期課程の開設(博士前期・後期への課程変更)が文部科学省に設置届出済となる。
CEUR 創造経済と都市地域再生 「創造都市を創造する」大学院 創造都市研究科電子紀要 創造都市研究科紀要 R2-3Sプロジェクト 大阪市立大学創造都市研究会 院生会HP