都市経営研究科開設記念特別シンポジウム(5/25)を開催いたします

 大阪市立大学大学院都市経営研究科は、2018年5月25日(金)、梅田サテライト文化交流センターホールにおいて、都市経営研究科 開設記念特別シンポジウム「小磯良平が描いた恒藤恭 —大学の原点を見つめて」を開催します。
 日本を代表する洋画家である小磯良平(1903-1988)は、昭和期に肖像画の傑作を多く残したことでも知られています。本学初代学長である恒藤 恭(つねとうきょう)(1888-1967)の肖像画もその1枚ですが、これまで外部への一般公開が行われていない言わば「幻の作品」でした。この度本学大学史資料室に所蔵しています肖像画を、小磯記念美術館のご協力により、詳細に分析調査していただけることになりました。
 2018年4月、本学は都市経営研究科を開設するとともに、大学史資料室も本格的にオープンいたしました。そこで、1枚の肖像画が映し出す大学史を辿り、大阪市立大学の原点を見つめることで、大学院の船出の先にある大学全体の展望を、参加者の皆さんと一緒に考えていきたいと思います。シンポジウム当日は、肖像画のレプリカもご覧いただけます。


大学院都市経営研究科 開設記念特別シンポジウム 開催概要

日時
2018年5月25日(金)18:00〜20:30 (17:40開場)
場所
大阪市立大学 梅田サテライト 文化交流センターホール
大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階
アクセス
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/university/access#umeda
プログラム
【開会挨拶】
(18:00〜18:05)
荒川哲男(大阪市立大学長)
【基調講演】
(18:05〜19:05)
「大阪市立大学の原点から現点へ—恒藤恭とその時代—」
桐山孝信(大阪市立大学特命副学長)
「肖像画家としての小磯良平—《恒藤恭氏肖像》を読み解く—」
高橋佳苗(神戸市立小磯記念美術館学芸員)

— 休憩(15分)—

【パネルディスカッション】
(19:20〜20:30)
≪パネリスト≫
桐山孝信(法学研究科教授・大阪市立大学特命副学長)
高橋佳苗(神戸市立小磯記念美術館学芸員)
安竹貴彦(法学研究科教授・大阪市立大学大学史資料室長)
広川禎秀(名誉教授文学博士・大阪市立大学恒藤記念室特任教授)
≪司会≫
久末弥生(大阪市立大学都市経営研究科教授)
参加費
無料
定員
100名(申し込み不要、当日先着順)
お問合せ先
大阪市立大学 都市経営研究科
TEL:06-6605-3508(問合せ可能時間 平日9時〜17時)
CEUR 創造経済と都市地域再生 「創造都市を創造する」大学院 創造都市研究科電子紀要 創造都市研究科紀要 R2-3Sプロジェクト 大阪市立大学創造都市研究会 院生会HP